事実を知ったチョッパーには、きっとものすごく、くれはの言葉が胸に突き刺さったことだと思います。

事実を知ったチョッパーには、きっとものすごく、くれはの言葉が胸に突き刺さったことだと思います。





自分がとってきたキノコは実は毒キノコで、自分に医術の知識がないことも確かで、そして、そのキノコを大好きなヒルルクが食べてしまったことも事実で・・・。



優しいだけでは人は救えない。



その事実をっこでチョッパーは痛いほど感じるわけですね。



大好きなヒルルクに、自分の優しさだけで毒キノコを食べさせてしまった。



自分が殺してしまうようなものですからね・・・。



ショックなんてものじゃないんじゃないかと・・・。



ワンピースネタバレ第144話で、大泣きするチョッパーの気持ちは痛いほどに分かるし、伝わってきます。




でも、くれははなぜ?どうして泣いてるのかな?って考えちゃいました。



泣いてるのがおかしいとか不自然とかっていう話ではなくて、やっぱり長い付き合いのヒルルクが考えていたこと、とった行動、すべてを理解し、知った結果の涙ってことなんですかね?
やっぱり長い付き合いの友人を失ってしまう悲しさっていうのもあるのかな?あんなどうでもいいみたいなこと言ってたけど、でも、やっぱり大事な友人だって思っていたのかな?
きっとそうだよね。


そうだと思いたいな。





ホーム RSS購読 サイトマップ