ヒルルクの夢は、今病んだ状態にあるこのドラム王国を救う為に、冬島であるこのドラム島に、“桜”を咲かせること。

ヒルルクの夢は、今病んだ状態にあるこのドラム王国を救う為に、冬島であるこのドラム島に、“桜”を咲かせること。




そして、その桜で病んだこの国を、国民を、王を、政府を、救うこと。



それがヒルルクが自分の命をまっとうするまでにやりたいことだったんですね。



そして、ワンピースネタバレ第143話で明らかになるのですが、やはり142話でヒルルクがチョッパーに話した大泥棒は、ヒルルクのことだったようです。



自分が見た桜で不治の病と言われた病気が治ったこと、それを元に、桜で国を救おうとしてるんですね。



くれはは、それは医術じゃないといいますが、私からしたら立派な医術。


というか、立派過ぎるほど立派な医者の心だと思います!!

最終的にはくれはもヒルルクの寿命を延ばすのに手を貸すし、きっとあんなこと言いながらもくれははヒルルクに何か期待をしていたんじゃないかなと思います。




体も、そして心も治療する“奇跡の桜”。



きっとヒルルクは、その自分の夢を実現させてくれると信じています。





ホーム RSS購読 サイトマップ